メンバー

永禄10年8月3日(1567年9月5日)、出羽国米沢城で誕生。幼名・梵天丸。11歳で元服、人取橋の戦い、摺上原の戦い、岩出山城への転封、文禄の役への従軍、関ヶ原の合戦を経て、慶長6年(1601)に仙台城の築城と、城下町・仙台の建設を開始。仙台藩62万石の礎を築いた。趣味は料理・香道・能・和歌など。
仙台藩一門第二席・亘理伊達家初代当主。伊達政宗公より一歳年下の従兄弟であり、兄弟のように育った竹馬の友でもあった。戦場では幾度となく伊達の先陣を務め武功をあげた。さらに亘理を拝領したのち、領地を二倍に増やすなど治世にも力を発揮し、亘理では神として今なお尊敬を集めている。
白石城初代城主。政宗公が幼き時は傅役を、長じてよりは軍師を務め、生涯に渡り政宗公を支えた名参謀。政宗公の命運を左右する合戦には必ず景綱の姿あり、と言わしめた。「潮風」という笛を愛用し、合戦の合間に吹いていたと伝わる。
白石城二代目城主。片倉小十郎景綱の息子であり、大坂の陣では景綱に替わって政宗公に従い参陣し、その戦いぶりから「鬼小十郎」と称された。大坂の陣の後、真田幸村の子息を匿い、その血脈を護った。後に真田幸村の息女・阿梅を妻に迎えた。
政宗公の命を受け渡欧した「慶長遣欧使節」の日本人のリーダー。サンファンバウティスタ号で、石巻市・月浦を出帆。日本人として初めて太平洋・大西洋を越え、メキシコ、スペイン、ローマを訪れた。
本名・真田左衛門佐信繁。大坂冬の陣では真田丸を築き徳川方を迎え打ち、夏の陣の道明寺の戦いで伊達勢と合戦に及ぶ。幸村の娘・阿梅は刃を交えた片倉重綱に預けられ、息子・大八も伊達家に匿われて後に家臣となり、現在その血筋は「仙台真田家」として続いている。
みちのくの名所を旅し、数々の名句を残した俳聖。元禄2年、青葉の季節に仙台を訪れ、政宗公の築いた奥州・桃山文化を目の当たりにする。杜の都の旬と魅力を伝えるみちびき手。